関節痛の症状がでてくる病気(東大阪 整体 献身堂)

2024/06/23 各症状について


関節痛とは


滑膜、軟骨、骨、筋肉の腱、皮ふ、神経、靱帯、血管などに障害が起った状態

関節痛を引き起こす病気として主なものを挙げていく

①ウイルス性感染症


②更年期障害


③変形性関節症


④膠原病


⑤内分泌疾患


⑥線維筋痛症


などが当てはまる


関節痛はよく薬や湿布をはって安静にしているとよいというふうに


考える人もおられるようですが


上記のようにいろいろな病気が原因となって

起ることがあります

安易に自己判断せずにしっかりと検査を受けられることが大切です

特に日頃と違った痛み方をしたり

普段痛みが出たことがない関節に痛みを感じる場合は


しっかりと検査しておくと


大事にいたらないと考えます


体を支えている背骨、骨盤、股関節、ヒザ、足首などの関節は

体重が乗りますので


痛みが出やすくなります

一旦痛みがでると毎日体重が乗るので


なかなか治らない可能性が高くなります

そんなことにならないように

体幹や足など体を支える筋肉のメンテナンスを定期的に行ってみませんか


定期的にメンテナンスすることで


体の異変を感じやすくなり、早期に対応でき


不調を改善させやすくなると考えます


一緒に健康な体を維持していきましょう

#東大阪市 #整体 #整骨 #整体院献身堂
#土日祝営業 #関節痛