猫背になっているかのチェック方法(東大阪 整体 献身堂)

2024/06/19 各症状について

猫背とは専門用語的には「円背」と呼びます

そこで、円背をしらべると

脊柱(背骨)が前方に倒れ、頭が前のめりになり、骨盤が後方に傾きアゴを突き出した状態


とのことでした


しかし、この状態は猫背でも比較的に重度な状態ではないかと考えます


首の部分だけ前のめりになっていても一般的には猫背に見えますし


背中の部分が大きく膨らんでいても猫背です


腰の部分が後方に凸している状態になると

立っても寝ても背中が丸まっているような方が多いように思います

こんな猫背は知らず知らずのうちになってしまい

気づかないうちにドンドン悪くなっていくのです

通常の背骨の状態は

頸部が前方に凸


胸部が後方に凸


腰部が前方に凸

のS字カーブを描いています


猫背かどうかのチェックする方法について私なりに考えてみました


その方法ですが


仰向けで寝た状態を横から確認してもらうことです


まず床か畳などの上に仰向けで寝ます


その状態で確認するポイントが3箇所あります

①アゴ:

天井を見つめてもらったときに横から他者に見てもらい
アゴを突き出しているかどうかを確認してもらう

見てもらえる人がいなければ、後頭部の真ん中が床や畳などに
きちんとついているかどうかを確認して下さい
きちんとつかない場合はアゴを突き出しています


②背骨:


胸部では背骨よりも肩甲骨が床や畳などに先に接触するはずなのですが、猫背になると背骨が先にぶつかるようになり、肩甲骨がぶつからなくなってきます

腰部では手が余裕で入るぐらい浮いていると反り腰になるますが、逆に背骨が床や畳などにきつくぶつかるようですと猫背の可能性が高いと推測できます

③足先:


骨盤が後方に傾いていると仰向けで寝た場合、足先が自然と外側に向きます

足先を天井に向けようとすると力を入れないと難しく、力を抜くと外側に戻るという現象がみられるようになります


骨盤が後方に傾くと腰部の背骨が後方に凸している状態になっているので猫背の可能性が高くなります


以上となりますがやってみてどうでしたでしょうか

基本的に仰向けは人体で一番楽な状態と言われています

なぜなら体を一番広い面積で支えることができるからです

ピラミッドが安定していて、コマ回しのコマが不安定なように

支える面積が大きいほど安定するのです


その仰向けで寝るのがつらいという方は

何かしら体のバランスが悪くなっているのだと考えられます

余談ですが、
うつ伏せで寝るは仰向けで寝るのと支える面積的に一緒じゃないかと言われる方がいましたが、


うつ伏せで寝ると肺が圧迫されるので呼吸しづらくなりますので
本来は苦しくなるはずなのです


しかし、うつ伏せでしか寝られないという方もおられますので


その方も何かしら骨格バランスが崩れているのではないかと


推測します


自分の体について分かっているようで分かっていないこともあります


一度骨格バランスを確認してみてはどうでしょうか

献身堂では骨格バランスを確認して施術をしていきます

骨格バランスが整った状態で筋トレをしてもらい

体を支える筋肉をつけることで

猫背予防になると考えています

どうぞ、ご利用下さい

#東大阪市 #整体 #整骨 #整体院献身堂
#土日祝営業 #猫背 #円背 #セルフチェック