歩く時に頭が左右に揺れる(東大阪 整体 献身堂)

2022/09/24 各症状について

歩いている後ろ姿で


頭が左右に揺れている人がいます

これは平衡感覚の機能低下や脳梗塞の後遺症、低血圧症などでなる場合もありますが


今回は変形性股関節症です

変形性股関節症は


太ももの骨である大腿骨の端の部分


大腿骨頭の変形や


骨盤の寛骨臼の変形


などで可動域制限や痛みなどの症状がでてきます


いろいろな症状の中で


体が疲れやすくなるのが


歩く時の頭のふらつきになります

変形性股関節症になると

床から足を持ち上げる高さが低いために


骨盤を腰の筋肉を用いて持ち上げて


無理矢理、足を浮かすことを無意識にしている方が多いのです

十分に足を浮かすことができないと歩幅が狭くなったり、


つまずいたりします


そうならない様に無意識で骨盤を腰の筋肉で持ち上げるのです

この持ち上げる行為のときに体が傾くことで

歩く時に頭が左右にフラつくことに繋がるのです

このような症状がでるようになっていたら


変形がすすんでいる状態ですので


そうなる前にケアする必要があります


 

 

日常生活で


股関節を動かしたときに頻繁にコクコクなったり


しゃがんだときに股関節に違和感や痛み、突っ張りを感じたり


ストレッチなどの体操時にひざを抱え込むと股関節がよく詰まった感じがあったり

 

以前よりも歩く速度が遅くなった

 

つまずきやすくなった

 

足の小指をぶつけることが多くなった


などは変形性股関節症の初期症状かもしれません

 

 

 

そんなときは


献身堂で行なっているハンマー整体で骨の位置を元に戻してから

筋肉を鍛えることで症状の再発がしにくくなっていきます


変形性股関節症がひどくなると手術対象になりますので


少しでも気になられた方は今のうちにケアされていくことを

オススメします


自分の体を守れるのは最終的に自分だけですから

#東大阪市 #整体 #整骨 #整体院献身堂
#土日祝営業 #変形性股関節症 #歩き方