運動を始める意欲はあるが(東大阪 整体 献身堂)

2022/09/04 各症状について


健康のために


#食事


#運動


#睡眠

をしっかりバランス良くすることが大事なことは分かっているが

運動を始めようと思っても長続きしないとか

そもそも運動が嫌いとか


運動すると体が痛くなるから嫌だとか


仕事で疲れているのにわざわざされに疲れる様なことできないとか

思われることが多いです


厚生労働省の2016年の「国民健康・栄養調査」では


20~69歳の男女を対象にした調査で

日頃から運動習慣があると答えた人は


21%もいました

私的には運動する人もっと少ないと思っていました

しかし、


血糖値を低くするためや


関節が痛くならないようにするため


など


色々な場面で運動して下さいと言われる機会があると思います

頭では分かっていても


なかなかできないのです

食事や睡眠の改善には力を入れることができるのに


運動に力を入れることがどうしても消極的に


なるのです

つらくてしんどくて面倒だから


高校球児が頑張って練習できるのは


甲子園に出場して日本一になるという夢があるから


毎日つらい練習でも続けられるのです

社会人になって健康のためと言われても


目に見えないし、


現状で痛みがなく、不自由がない場合


わざわざつらい思いをして運動する意義を感じないのは


当たり前なのです

特に1人で黙々と続けることはかなり難しく


同じ目標があってともに頑張れる仲間がいないと


運動を続けるのは一般的に無理ではないかと考えます

ジムにわざわざいったり、公民館のヨガ教室に通ったりするのが

無理と感じる人もいます


私たちが頑張って運動始めるのは

ケガや病気になってある程度回復したとき

もう二度とあんな思いはしたくないと感じて

運動を頑張ることができるようになると考えます


自身でケガや病気を体験することが運動するきっかけになったりします


いくら周囲から


将来のために頑張って今から運動したらよいといわれても難しいのです

小学校の夏休みの宿題と一緒ですね

人生は何をやってもよいのです


しかし、


やってきたことや、


やってこなかったこと

すべてに置いて何かしらの責任をとる時期がくると私は思います


美味しい物ばかり食べてたら糖尿病や痛風になったり

仕事をしすぎたら体を壊したり

ゲームを一生懸命やってたら、肩コリや視力低下になったり


といったようになにかしら、因果応報的なことが起こると


私は考えています


将来のために適度な運動をし続けたら、


病院のお世話にかからず


健康維持を長期間できたり

するかもしれません

少しでも運動頑張らないとと思われたことがあるなら

頑張って見ませんか


#東大阪市 #整体 #整骨 #整体院献身堂 
#土日祝営業 #運動習慣 #運動苦手