朝、ふくらはぎをつりやすい (東大阪 整体 献身堂)

2021/05/03 各症状について
logo

ふくらはぎをつる条件を知っていますか?

 

 

 

 

一般的に

 

偏った食生活や脱水状態、疲れ、冷えなどで


体内の水分や電解質の不足がおこり

 

筋肉の十分な代謝を行えない

 

血流不足が原因でおこることが多いといわれています

 

 

また、病気によってふくらはぎがつる場合は


糖尿病や甲状腺機能低下症などといった代謝異常を引き起こす病気や


脊柱管狭窄症などで脊椎神経を圧迫することによっておこることもあります

 

 

 


しかし、世の中にはこれらに当てはまらない人がいます

 

 

 

きちんとした食生活して、水分もしっかりとり、病気にも現在なっていないのに

ふくらはぎをつる人がいます

 

 

 

これは足首の運動があまりない人に多くみられるのです

 

 


ブーツなどで足首がある程度、固定される状態になる人や

 

スリッパを長時間履く人の場合


比較的、スニーカーを履く人よりも


足首の運動が少ないと言われています

 

 

 

ブーツを履く人はブーツ自体が足首を固定するので動きにくくなります


スリッパを長時間履く人は足首を大きく動かすとスリッパ自体が脱げてしまうので


できるだけスリッパが脱げないように足首を動かさない歩き方をするのです

 

 

そうすると


足首をあまり動かさないということはふくらはぎが伸び縮み


しっかりできないのです

 


また、体重を支えるので

 

ふくらはぎは緊張し続けることになり

 

休む暇がなくなるのです

 

この状態が続いて


ふくらはぎがパンパンになった状態で

 

寝てしまい

 

翌朝になって血流不足で

 

ふくらはぎをつることになるのです

 


ふくらはぎをつらないようにするために

 


病院で利尿剤を処方されると思いますが

 

利尿剤だけでは根本的な解決にはならないのです

 


根本的に解決するには足首のストレッチと体操が必須です

 


体操は


座った状態で足先をあげる運動を片足ずつ10回 3セット


立った状態でどこかを持って両足で背伸びする運動 10回 3セット
(お腹を突き出さずに引っ込めた状態を維持して)

 

ストレッチは

タオルを足先に引っかけて膝を伸ばした状態で両手でタオルをひっぱりながら
ふくらはぎや太ももの裏側が突っ張る感覚を感じた状態で20~30秒維持してください


片足ずつしっかりと伸ばすように頑張って下さい

#土日祝営業 #整体 #整骨 #東大阪 #瓢箪山 
#ふくらはぎをつる #朝につる #ふくらはぎパンパン
#こむら返り