肩コリを自分でマッサージして治そうとした(東大阪 整体 献身堂)

2021/04/23 各症状について

肩コリになると自分で肩を揉んでなんとか治そうとしますが


肩がこる原因が分からずに自分で揉むと


肩コリが取れないだけでなく

肩の筋肉を痛めてしまうことになります

筋肉を力強く揉むと

つねっているのと同じですので


細胞が破壊されるのです

人間の体はテコの原理が働いているので

肩コリが起こるためにはどこかが引っ張っているから

肩の筋肉の緊張が高くなるのです

引っ張っているどこかがどこかというと

お腹の中の内臓になるのです

女性の場合は妊婦さんになられたときに肩コリが増えた経験はないでしょうか


お腹が前に膨らむと重心が前に移動するために

カラダを反らしてバランスを取らないと


立って歩くこともできなくなります

出産しても

赤ちゃんがいなくなった部分が一気になくなるので

一気にお腹がしぼむ訳ではないのです


特に皮膚ですが

一旦伸ばされた皮膚は風船と同じで

元通りにはならず

たるむのです

なので、内臓が前にあふれてしまい

重心が前に移動したままになりやすいのです

そうすると

内臓はカラダ全体の半分ぐらいの重さがあるので


お腹が前にでると


肩の皮膚が全身タイツのように引っ張られて


肩コリが起こることが多いです

内臓が原因で肩コリが起こっているかどうか


確認するには

立ったままで


最初首だけを左右に振ったときの首の筋肉の緊張具合を覚えておいて


両手で下っ腹を持ち上げながらお腹を押し込んだ状態で

再度、首を左右に振ったときの筋肉の緊張具合を見てみて下さい

下っ腹を持ち上げてお腹を押し込んだ方が

首の回旋がしやすくなったり、筋肉の緊張が減るようでしたら


内臓が原因となります


楽になると実感してどうにかしたいと


思われたら


献身堂までご来店ください


個々にあった対処の仕方をアドバイスさせて頂きます


献身堂 馬野


#肩コリ #マッサージ #東大阪
#整体 #整骨 #瓢箪山 
#献身堂 #土日営業 #胃下垂 
#妊婦の姿勢