腕のしびれでほとんど眠れない(東大阪 整体 献身堂)

2020/05/29 各症状について

私は20代後半で頸椎ヘルニアという病気になりました

 

その当時はサラリーマンで設計部にいたのですが

残業が多くて体力的にきつかったことを覚えています

 

そんなある朝起きようとしたら首にピキっと電気が走り

 

激痛で寝返りもうてないぐらいになり、なんとか携帯で救急車を呼んで

病院に運んで貰いました

 

そして病院で検査を待っている間になんとか動ける様になりましたが

握りこむことがしにくくなっていました

 

 

私の頸椎ヘルニアはCT検査で

首の骨(5番)と骨(6番)の間にある椎間板が

潰れて右に突出してしまった状態だとそのときの主治医に説明してもらいました

 

 

そこからが悪夢です

 

右腕がしびれて眠れなくなることが数ヶ月続くことになりました

 

なったときが冬になる前だったので、気温が下がりだすと

 

しびれがひどくなることを初めてそのときしりました

 

それから寒い季節は嫌いです

 

しびれがひどくなると痛みに変わります

 

 

そんな状況だったので長時間デスクワークをすると手のひらがしびれ出したりします

 

おかしなもので、右がそんな状態なのでかばった使い方をしていると

左もしびれだしたりして

 

問題なかったはずなのにとなんでなんとすごく怖くなったこともありました

 

 

仕事を辞めて、少しでも自分の体を良くしたいと思い、医療業界に

入りました

 

現状は寛解(完治ではなく日常生活が送れるぐらいに機能回復)しています

 

神経の固さは絹ごし豆腐の固さぐらいと教えていただきました

 

また、神経はスポンジなもので

持続して長時間圧迫されていると

圧迫しているものがなくなっても

 

押されていた跡がスポンジにつくようにへこんだままとなります

 

そうするとしびれが取れなくなると言われました

 

しびれはなってすぐであれば治りやすいそうですが

 

時間が経つにつれてしびれが残りやすくなるのです

 

 

しかし、私の経験上しびれを感じるようになられてすぐにリハビリした方でも

すぐには良くならなかった覚えがあります

 

 

厄介なことにしびれは圧迫されている神経のどこで起きてもおかしく無いので

本人がココがしびれています

 

と言われたところが患部とは限らないのです

 

それは神経の特性で、刺激がはいると脳にも末端にもどちらにも伝達するという特徴があります

 

そのためにどの部分が原因でしびれが出ているのかが特定しにくいのです

 

 

なので、しびれが出ているとご本人が言われている部分をレントゲンやCTなどで検査しても問題がないと言われることも多い厄介な疾患です

 

原因不明のしびれも多く、なかなか改善しないので悩まれている人が多いです

 

私の場合はしびれが気になって生活できないほどからなんとか回復しました

 

こうゆう私と同じ経験をされた人も多いかと思います

 

できるだけ早くからしびれの症状が出る前に遅くても違和感を感じるところで

 

身体のメンテナンスを定期的にしていきませんか

 

 

背骨を整えて、身体の重心をきちんとくるぶしの少し前に安定させて正しく立つようになれば

 

私が経験したしびれで夜寝られなくなり、腕をちぎってしまいたくなるような経験をしなくて済むと思います

 

最後に、ご自身の健康を維持できるのは他でもないご自身の行動次第です

 

日々、仕事や家事などで忙しさにかまけて身体の違和感を無視しない様に気を付けて下さい

 

体の症状は日頃の使い方次第で良くもなり、悪くもなります

 

歯磨きしないと虫歯なるのと一緒です

 

頑張って、体のメンテナンスを一緒にしていきましょう

 

献身堂  馬野

 

#東大阪 #整体 #献身堂 #腕のしびれ

#眠れない #頸椎ヘルニア #健康 #違和感

#神経 #しびれ #背骨 #調整 #メンテナンス