骨密度で年齢相応と言われて安心してはダメ(東大阪 整体 献身堂)

2022/08/02 健康情報について

 


骨密度の検査をされて

年齢相応と言われたから大丈夫とおっしゃる方がおられました

40代で年齢相応と言われた場合はよいのですが

70代で年齢相応と言われた場合は安易に大丈夫とは思わないで下さい


私が知っている病院の

骨密度の検査結果の紙には


若い人と比較しての数値と


同世代と比較しての数値の

両方を記載されていました

そのため、同世代と比較しての数値をみて

80%以上あるから大丈夫と言われる方がおられました

しかし、

本来の骨密度の数値としては

20~44歳の骨量の平均値に比べて


どれぐらいの割合かを確認することが大切です

80%以上で正常値


70~80%で骨量減少気味


70%未満で骨粗しょう症

といった基準があります


なので、同世代相応というのは


安心できる骨量ではないのです


骨粗しょう症は


50代で9人に1人


60代で3人に1人


70代で2人に1人

といわれています


骨粗しょう症の予防


カルシウムの食材を食べる

ビタミンDを作るために日光浴をする


骨に適度な刺激を与えるためにウォーキングなどの有酸素運動をする

などがあります

年齢相応で満足せずに骨密度維持のために頑張ってみませんか?

#東大阪市 #整体 #整骨 #整体院献身堂
#土日祝営業 #八尾市 #大東市 #骨密度 #骨粗しょう症