人工膝関節置換術のデメリット(東大阪 整体 献身堂)

2021/04/09 健康情報について

病院で教えてもらえないかもしれませんので書いていきます

 

人工関節のメリットはいろいろ聞くと思うのですがデメリットがどれぐらいあるのか

 


しっかりご存じの方は少なかったりします

 

 


膝の人工関節の場合


メリットとしては


最終的には痛みが軽減する


夜眠れるようになる


歩ける距離が増える


旅行に行けるようになる人もいる


などがあります


デメリットとしては


手術した部分から菌が入り、化膿する場合があります

また、まれに血栓ができてその血栓が心臓や脳にいくと梗塞することがあります

骨がもろい場合、せっかく人工関節を入れたのに数年でグラグラと緩む場合もあります

以前にいろいろ病院で検査や設備環境を整えていますが

まったく0%にすることは不可能なのです


そして、手術をした後にあるのがリハビリです

リハビリでは

短い人なら数週間で杖をついて歩けるようになります


長い人だと数ヶ月ぐらいかかって杖であるけるようになる人もいます


日頃から歩き方や姿勢を気にしていると

これらを回避することができるようになります

しかし、自分の姿勢は自己で正しいかどうかはわからないものです


なぜなら、真横から自分の姿を見ることができないからです

なので、月に一回は自分の立ち姿や歩く姿をチェックする


ようにしてください


大半の方は方がどちらかが下がっていたり

腰が突き出したり、回旋していたり

猫背になっていたり

アゴを突き出していたり


といった姿勢で歩かれています


人工関節に掛かる費用は高いので

詳細 → https://kenshin-do.net/blog/health/20200815-1446/


できるだけ費用をかけないでいくには


日々のメンテナンスが必須です

姿勢や歩き方の指導も献身堂ではやっています


気になる方は一度お試し下さい


献身堂 馬野

#人工膝関節 #人工膝関節置換術
#整体 #整骨 #東大阪 #献身堂
#土日営業 #手術費用 #デメリット