足裏のトラブルはなぜ起こるのか(東大阪 整体 献身堂)

2020/12/04 健康情報について

足裏のトラブルで嫌なのがタコや魚の目です


タコや魚の目はなぜ起こるのでしょうか


タコや魚の目はおおざっぱに言うと


皮膚のトラブルです

足裏も皮膚なので


タコは手のひらにできるタコと一緒で


なんども擦れて皮膚が分厚くなる状態です


体を守るための自己防衛で起こります

魚の目も同じで同じ所に繰り返し刺激が入って皮膚の表面が厚くなります

固くなった皮膚の表面が刺激によって内部に押し込まれると魚の目の芯ができて、

神経を圧迫するようになり、痛みがでてきます


これらタコや魚の目は足の指の付け根に多く見られます

足裏が扁平足やヒールなどを履いて足の指を反らすことが多い方やスリッパをよく履く人は


足の指が反った状態が常となり

本来なら当たらない部分である指の付け根に力を入れて踏ん張ったり、蹴り出したり


するようになります


そうするとその部分が強く擦れて


自己防衛のために皮膚が変化していくのです

こうならないようにするには


土踏まずを形成するしかないのですが


なかなかできません

なぜなら、足裏の筋肉を鍛えて持ち上げる必要があるからです

安易に靴の中敷きを用いて


足裏を浮かすようにすることがありますが

足の裏に力を入れない限りは足裏に筋肉が付きません


なぜなら、筋肉は収縮をしてはじめて鍛えることができるので

中敷きだけして足の裏に力を入れない状態ではすぐに


土踏まずは潰れてしまうのです


足裏の筋肉はどうすれば鍛えられるかというと


指を曲げることが大切になります

手で例えると握力を鍛えることになるのです

なので、指を曲げることで足裏の筋肉を鍛えるのです


特に立ったままで指を曲げる練習を30~50回を毎日つづけて貰えるとよいのですが


指が(反り過ぎていて)曲げることができないという人もいます


そういう人はテニスボールを足の裏で踏んだ状態で指を曲げる練習をして下さい


立ってやるとバランスを崩す方は座ってでもいいので


繰り返し指を曲げる練習をして下さい


1~2ヶ月続けることで変化が出てきます

どうしても足の裏は体重が掛かっているので

潰れやすい環境ですが

根気よくすることで体は変化していきます


ボディービルダーの方が筋肉は裏切らないと言われることがありますが


努力した分だけ体の変化がでるのが筋肉ですので


頑張ってみませんか

献身堂 馬野

#足裏のトラブル #タコと魚の目 #皮膚の変化
#角質 #東大阪 #瓢箪山 #整体 #献身堂
#土踏まず #扁平足 #高いヒール