体の不調は歩き方から(東大阪 整体 献身堂)

2020/11/30 健康情報について

いきなりですが、体の不調が出ている時はきれいに歩けません


体が調子がよいときは姿勢もよく歩くことができますが


どこか痛みが生じるとかばった歩き方をします


しかし、痛みがないのに無意識に歩いている歩き方がかばった歩き方に似ていることがあります


それを続けているとどうなるのでしょうか?

答えは、体に不調がでます

なぜなら、無理をして歩いているからです


ご本人は意識していないので

不調が起きた時、なぜ起きたかが分からないことが多いです

一番わかりやすいのが寝起きのときに体が痛いことがあります

これは、前日に何かしていて起こることが多いのですが

心当たりがない


といった状態ですと普段の行動に原因があるのです

つまり、日常生活動作で一番体のバランス感覚が必要な歩くことに


原因があるのです

よく、テレビで目をつぶってその場で足踏みを1分間してもらうと

その場からかなり離れた所まで移動しているタレントさんがいます

これは、歩く時の体重の乗せ方や足の挙げ方などの


体の使い方に左右差や前後差などがあるために

起こっています


このようなことが起こらない体を作るには


正しい歩き方を身につけることが大切になります


(正しい歩き方は以前書いたブログを参照して下さい)
https://kenshin-do.com/news/147/


正しい歩き方ができるようになると

体の中心軸がぶれることが少なくなり

無理にバランスを取って歩くことがなくなります


そうすると筋肉への負担や関節へのストレスが軽減でき

痛みや可動域の減少などを予防することが可能となります


朝起きて痛みが出やすい状態はあなた自身の歩き方からできている可能性があります


見直して見ませんか


献身堂では歩き方の指導もしております

一度お試し下さい


献身堂 馬野

#東大阪 #整体 #体の不調 #正しい歩き方 #献身堂
#朝起きた時の痛み #その場で足踏み #瓢箪山