正座とあぐら、どちらが体によい(東大阪 整体 献身堂)

2020/11/10 健康情報について
logo

正座とあぐらがどちらが体によいのかという質問がありましたので

それぞれのメリット、デメリットを書き出していきます

正座のメリット
 骨盤が安定して背筋が伸びやすくなる
 太ももとすねの前部分の筋肉のストレッチができる
 


正座のデメリット
 長時間座るとしびれる
 左右の踵の間にお尻を入れるように座ると膝関節がねじれて痛める
 膝関節内部の前十字靱帯や後十字靱帯を痛める可能性がある 


あぐらのメリット
 正座よりも長く座ってもしびれにくい
 股関節の内側の筋肉のストレッチになる
 


あぐらのデメリット
 足を組むので骨盤が左右どちらか若干浮いてしまうので腰を痛めやすい
 背中を丸めやすくなり、猫背になる
 がり股になりやすくなる


それぞれにそれぞれのメリット、デメリットがあります


なので、どちらがよいとは一概にいえないのです


しかし、若いときは腰、膝、股関節などにそれほど影響がでませんが


年齢とともに筋肉が低下したり、靱帯が固くなり傷つきやすくなったり

しますので

一番負担がないのが椅子に座ることになります

お家が日本家屋で畳だから椅子で生活しにくいと


言われる方がおられます


しかし、日本家屋が全盛期だった時の日本の平均寿命よりも


現在は平均寿命がかなり長くなっています

長くなっているということは生活様式も変えていかないと

いけないと考えます

生活をしてきて、関節の痛みが出てきた場合

生活動作を振り返る必要があり

その動作の中でどれが、その関節に負担をかけているのかを

探ることになります


今までに見てきた患者さんで膝を痛めてこられた人がおられました

カウンセリングでご自宅がお寺ということで

長時間、正座をしないといけないとのことでした

この方の場合、正座の時に左右の踵の間にお尻を入れる

正座の座り方をしていました


もともと、膝をまっすぐに曲げると踵と坐骨が骨模型ではぶつかります


しかし、左右の踵の間にお尻を入れると膝をねじらないとその座り方はできないのです


つまり、無理をして座っているのですが、気づいておられなかったのです

両足をそろえて踵の上に坐骨が来るように正座をするよう指導すると

膝の痛みがかなり軽減し、筋肉を鍛える運動を継続して行って

かなり回復された経験があります

このように、何が自分の体を壊す動作になっているか気づかない方は多くおられます

それらについて検査してアドバイスできるのが献身堂です


どうぞ、よろしくお願い致します

献身堂 馬野


#正座 #あぐら #どっちがからだにいい
#東大阪 #整体 #献身堂 #瓢箪山 #近鉄バス下六万寺3丁目バス停
#膝関節のねじれ #腰痛 #座り方