バストが垂れると五十肩になる(東大阪 整体 献身堂)

2020/09/09 健康情報について

バストは大胸筋という胸の筋肉の上にあります

大胸筋は年齢とともに衰えやすいです

大胸筋が衰えると下方に垂れ下がります

そうすると大胸筋の付着部である上腕骨が大胸筋の重さに引っ張られて


前に移動してくるのです


そうすると巻き肩と呼ばれる状態になります

この状態になると肩甲骨の位置が背骨から遠くなり、

腕をあげるときに肩甲骨がうまく回旋することができなくなります

みなさんもやって貰えれば分かると思いますが

胸を張って頭上にバンザイするのはしやすいですが

猫背になってバンザイしようとしても真上まで腕があがらないのです


つまり、バストが大きな重りとなって、両肩を引っ張ることになります

そのために五十肩になってしまう可能性があります

そこで、安易に大胸筋を鍛えればいいと考える人がいますが


これは間違いです

大胸筋を鍛える前に肩甲骨を背骨に近づける筋肉(菱形筋)を鍛えてから

大胸筋を鍛えるのが正解です


肩甲骨が背骨に近づくだけで、垂れていた大胸筋が引き挙がるのです


引き挙がった状態で大胸筋を鍛えることで


姿勢もよくなり、五十肩の予防に繋がります


しかし、大胸筋だけを鍛えると五十肩が悪化する恐れがあります


なぜなら、鍛えられた大胸筋が上腕骨を引っ張る力が強くなり、さらに肩甲骨が背骨から離れて

しまう可能性があります


筋肉は収縮する力しかないので鍛えれば鍛えるほど引っ張ることになります

なので、肩甲骨を背骨に近づける筋肉(菱形筋)を最初に鍛える必要があるのです

体操としては

立位か座位で腕を自然に垂らした状態で


親指を外側に回旋していくとしぜんと肩甲骨が背骨に近づいていきます

その状態で1分間深呼吸するだけ

簡単でしょ

これを毎日して下さい

親指を外側に回旋し続けるのがつらいかもしれませんが

続けることで2~3ヶ月後には効果を実感できるようになります

実感できない場合は猫背が酷い状態ですので時間がかかります


献身堂では背骨を整えてから体操をして効率のよい筋トレをしていきますので


セルフで体操するだけよりも早く結果がでやすくなります


興味を持たれたならご連絡下さい

献身堂  馬野


#バストが垂れる #五十肩 #東大阪 
#整体 #献身堂 #巻き肩 #大胸筋 #菱形筋 #肩甲骨