先生に話しを聞いてもらえていますか(東大阪 整体 献身堂)

2021/01/24 日記
logo

クリニックで勤めているときに


高齢者の方から「けんびき」が痛いと相談されたことがあります

最初「けんびき」とは何かわからなかったです

解剖学の用語にも「けんびき」なる単語はなかったので


よくよくその方の話を聞いてみると


肩甲骨と背骨の間のことをいわれていることが分かりました


また、他の数名の方からも「けんびき」といわれ


同様の意味で使われていたので

そういうものなのかと思っていたのですが


実際は


「けんびき」 = 腱引き

らしいです

これは押したり揉んだりするマッサージや


カイロプラクティクのように関節をボキボキしたりするものとは違って

 


筋肉や腱を引く手技のことらしいです

このように、言葉が全く違った意味で使われていると


痛みの原因が見つけることもできなくなります


なので、献身堂ではカウンセリングを十分するようにしています

意思の疎通ができていないと施術をしても


思った効果が出にくいのです

あなたは病院などに行かれて、病院や整骨院の先生にどれぐらい

話しを聞いてもらっていますか?


もしかしたら数分しか聞いてもらえていませんか?


短い時間で思っていることを伝えるのって難しいですよね


しかし、病院や整骨院は多くの人数をみないといけませんなので


どうしても短い時間しか対応できないのです

しかし、短い時間では伝えきることはできません


また、どうしてこうなったとかの説明もする時間が取れないのです


なので、あなたの思いを聞いて、説明もさせて頂き

施術をする本来のスタイルに立ち戻るために献身堂を立ち上げました


なので、ご来店の際は


どんな治療をされてきて


どうんな思いがあって


どうなりたいのか

を教えて下さい

飲食店や服屋さんと同じです


ほしい品についてお伺いし、


品物を提案して


納得して購入して頂く

一部の病院や整骨院ではこの流れに沿っていないと聞きます


そうならないためにも


カウンセリングは必要と考えます

あなたはどう思いますか?

献身堂 馬野

#カウンセリング #瓢箪山 #整体 #話しを聞いてもらえない
#東大阪 #献身堂 #けんびき #マッサージ #カイロプラクティック
#整形外科 #整骨院