鏡で見ると片側だけ口角が上がっている(体験談)(東大阪 整体 献身堂)

2020/10/11 日記

鏡を見たとき、自分の口角が左右非対称になっている場合があります


この場合、考えられるのが


#顎関節症 


#不正咬合(噛み合わせが悪い)

が考えられますが


意外にですが

#頸椎ヘルニア も関わるのです

私は頸椎ヘルニアに20代後半でなりました

頸椎ヘルニアになったときは右側お首に鋭い痛みがあったのですが


今は鈍痛が随時あります

随時鈍痛があると無意識に筋肉を緩めたいようで、

私の場合は右に首が傾いています

そうすることで無意識に筋肉を弛緩させようとしているようです


そのためか、右側ばかりで食べ物を噛むようになり


鏡で見ると口角が右側だけあがるようになりました

頬を触るとかむための筋肉(咬筋)が右側だけ張っています


そのために、口を大きく開けようとすると左だけ大きくあくようになりました

これをそのままにしていると首コリや肩こりがひどくなり

腕が上がりにくくなるのです(私の場合)

私は一野式筋肉骨調整法の当て木とゴムハンマーを用いて


セルフで施術して


自分の体のメンテナンスをしています


特に右側の咬筋に当て木を沿わせてゴムハンマーで振動を当てることを

定期的にしています


これをするのとしないのとではからだの調子が違うので

寝ている間にリミッターが取れてかむ力が約300kgになるとのことなので

アゴ周辺の筋肉のメンテナンスはおろそかにしてはダメだと考えています

気になった方は献身堂までご連絡下さい


お待ちしております


#東大阪 #整体 #献身堂 #口角が左右非対称 
#首コリ #肩こり