膝の大敵は体重 (東大阪 整体 献身堂)

2020/07/24 日記

膝痛になった場合、

体重が重い程治りが悪いです


ふつうに歩くだけで膝や足首に掛かるストレスは

体重の約3倍です


つまり50kgの人で約150kgの人に関節を踏まれているのと同じぐらいの

ストレスが掛かるからです


これが階段の下りになると約6倍、昇りで約5倍と言われています


それだけ負担が大きいのに


体重を落とすことはなかなかできないのが現代人です


なぜなら、動かないと体重が減らないのに

動くと痛いとなれば、運動しない

となります

そうするとまた体重が増えるといった悪循環に陥るのです


そうならないようにするには基礎代謝を上げないといけません


基礎代謝とは生きているだけで消費されるエネルギーのことです


そのためには下半身の筋肉を鍛えないといけません

しかし、スクワットをすると膝痛がある方は余計に痛みが出る場合が多いです


そうならないためにも


仰向けでベッドに寝てお腹を両手でしっかりベッドに押しつけながら


両膝を開かないように揃えて膝の曲げ伸ばしをするトレーニングをして貰えれば

良いかと思います

両端いっぺんにできない場合は片足ずつでも良いのでやってみて下さい

体重で押しつぶされないので足自体が動かしやすい姿勢と考えます


膝を立てる場合は踵は付けたままで滑らすことがよいと考えています


回数は10回を1セットで3セットを朝昼晩と2ヶ月続けることをオススメします

できるだけ痛みなく運動するという

矛盾したことになります

しかし、筋肉は動かさない限り、太くなりません

筋肉を鍛えると基礎代謝が上がり

体重を落としやすくなります

そうすると膝への負担が軽減されるので

歩いたり、しゃがんだりがしやすくなれる見込みがあります

一度お試し下さい

献身堂 馬野


#膝の痛み #体重
#東大阪 #負担 #献身堂