生理痛で苦しまれていませんか(東大阪 整体 献身堂)

2020/06/09 日記

生理痛が楽な人とひどい人とがいます


体質だからと諦めて、クスリで散らすことしかできない方が多いです

生理痛の痛みの強さは遺伝的な要素があると考えています

なぜなら、骨格が遺伝するからです

骨格が遺伝すると体のゆがみ方、痛め方も似ていると考えます


だから、後ろ姿が親子で似ていたり、ボールを投げるクセが兄弟でにていたりすると考えています

なので、生理痛も骨格と関連があるものがあると推測しています

生理痛は基本はホルモンバランスの崩れでおこりますが

子宮や卵巣の骨盤内での位置が正常な位置にないためにひどくなっているのではと考えています

骨盤内には小腸、大腸、膀胱、子宮、卵巣が配置されています

しかし、これらが良い位置にないので、便秘になる人がいたり、頻尿になる人がいたりすると考えると

子宮や卵巣が良い位置にないと痛みがひどくでるのは必然ではないかと考えています


また、器である骨盤にゆがみがあれば、臓器がこぼれそうになったり、無理矢理詰め込んだりすることになり

これも、痛みがひどくなるのは必然ではないかと考えています

結論は生理痛は骨格のゆがみや内臓の配置が悪くなって起きているということを言いたい訳です


これにアプローチするのが得意なのが整体になります

人間はロボットではないので内臓もずっと一緒のところにおとなしくいてくれる訳ではありません


胃下垂のように胃という臓器が下に下がったりします

このように、臓器は移動するのです


献身堂ではご本人にお腹を触って頂きます

だいたいの人は左右でお腹の硬さや膨らみ方が違っていて、驚かれます

まじまじとお腹を触ることが日常生活であまりないからです

なので、このアンバランスになった骨盤と臓器を本来の状態に近づけていく作業をしていきます

お腹を触って左右で固さや膨らみ方が違うか、一度ご確認下さい


もしかすとそのせいで、生理痛がひどくなっているかもしれません

献身堂 馬野


#東大阪 #整体 #献身堂 #生理痛 
#骨盤のゆがみ #臓器の位置 #胃下垂
#骨格 #遺伝 #痛み