身体の心のメンテナンスの重要性(東大阪 整体 献身堂)

2020/04/11 日記
logo

身体が病気からよくなるときに自然治癒力が働くと言われています

自然治癒力とは


一体何でしょう

身体はもともと今の状態を維持しようと常に働いています


なので、ケガをして、すりむいたら皮膚を再生してくっつけたり


骨折したら、身体の中であればくっついたり


かぜを引いたら、睡眠をしっかりとって栄養をとれば良くなったり


ショックなことがあれば、時間が経つにつれて記憶から消したり


しかし、姿勢が崩れていてそれを整体などでよくしても

自然治癒力でもとの悪い姿勢に戻ることをあなたは知っているでしょうか

自然治癒力は良くも悪くも働くと私は考えています


今までの自分の習慣で身体に染みついた行動や思考パターン、つまり


癖をそのまま維持しようとするのが自然治癒力ではないかと考えます

なので、姿勢を整体でよくしても、それを違和感と身体が認識して


もとの状態に戻そうと働いていると考えました


身体にとって違和感とはケガや病気など、いつもと違うこと全てです

ただし、この理論では悪い姿勢なら良い姿勢に常日頃から自然治癒力が働くのではないかと


疑問に思われると思います

そこがみそなのですが

毎日少しずつ変わっていっている変化には自然治癒力が働かないのです


大きく変化するとすぐに違和感と感じるのですが


少しずつだと分からないのです


例え話でよく使われるのが


熱いお湯にカエルを生きたままいれるとすぐに飛び出るが


ぬるま湯にカエルを入れて少しずつ温めていくと気づかずに茹でカエルになると


言われています


また、誰かに肩や腰をマッサージして貰ったら固いですねと言われたけど、ご自身ではそんなに固いと感じていないことがあると
思います

そういう人は感覚が鈍くなっている可能性があります

なので、少しずつ少しずつ体が悪い姿勢を続けていて自分で分からなくなるぐらいになっているのが


ケガや病気になる手前の状態です


つまり日頃の状態となっているのだと考えました


そうすると定期的に骨格を調整していかないと知らず知らずに姿勢が悪くなっていく可能性があります

虫歯にならないように歯を磨くと思います


それと一緒で、ケガや病気になる前に良い食事、良い睡眠、良い運動、良い精神を心がけると

自律神経、ホルモンと免疫が不安定になり、不健康になってしまいます

家からなかなか外出できないときなので、少しずつでも、良い習慣を取り入れていきませんか


ラジオ体操をする


朝食を抜かずにきちんと食べる


夜更かししない


家族で日頃話せていないことをこの機会に話し合ってみる


など

身体と心のメンテナンスをされてみてはどうでしょうか

献身堂 馬野

#東大阪 #整体 #献身堂 #身体 #心 #メンテナンス #自律神経 #ホルモン
#免疫 #ラジオ体操 #姿勢