年をとったと感じる瞬間(東大阪 整体 献身堂)

2021/04/27 ブログ

年を取ったと感じる瞬間が誰しもあると思います


40才の人は20代よりも動けなくなったとか太ったとか感じますし


60才の人は40代はもっと生き生き趣味や仕事を頑張れていたと感じますし


80才の人は60代のときはいろいろ旅行や友達と一緒にあそびにいけていたと


感じられると思います


これらのことにすべて関わるのが筋肉量になります

筋肉量は一般的に20代がピークで

40代から筋肉量の減り具合が大きくなってきます


健康診断などで運動不足を指摘されている方は

分かっているけで運動ができないと感じていると思います

なかなか時間を作ってつられる運動はしてくないと

いうのが運動不足の方の本音ではないでしょうか


しかし、筋肉の量が減少しすぎると

サルコペニアと呼ばれる病気になることを知っているでしょうか

サルコペニアは高齢者に多く、75才以上で急激に増えるといわれていますが


ダイエットとリバンドを繰り返している人もサルコペニアにはなるといわれています

また、デスクワークを長時間するようなあまり動きがないお仕事をされている人もなると

いわれていますので


自分は関係ないとは思わない方がよいかと思います


症状としては

#以前より歩く速度が遅くなった

#着替えの速度が遅くなった

#浴槽をまたぐときによろけた

#よくつまづくようになった

#自転車に乗りにくくなった


などの日常動作やバランス動作の低下からはじまります

ひどくなると感染症にかかりやすくなったり


気力が低下して引きこもりになったり

糖尿病や肺炎にもなりやすい体質になるとのことです


筋肉量をある程度維持することは


健康を維持することであり

家族に迷惑をかけることなくすこやかに生きていけると

考えます


からだを鍛えることは

健康への貯金です

あなたの貯金は大丈夫ですか?

1日に必要な運動量:

30分以上のウォーキング

を心がけてください

#筋肉 #サルコペニア #運動
#土日営業 #東大阪 #瓢箪山 #整体
#整骨